スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ショウガの保存
《食学》

ショウガの保存
1) 新聞紙やキッチンペーパーを湿らせる。
2) ショウガをで包む。
3) ビニール袋に入れる。
4) 常温で日の当たらない場所に置く。

 (真夏は冷蔵庫の野菜室に入れる。)

※必ず乾燥させておく。

 ⇒ 保存期間は、約1~2ヵ月。
   (温度が高い場合は、もっと早く使い切る。)

ショウガの保存 (使いかけのもの)
◇水につけて冷蔵庫で保存する。
 1) 密閉容器に水を入れる。
 2) ショウガを入れる。
 3) 密閉して冷蔵庫に入れる。

 ※水の中につけておく。
 ⇒ 保存期間は、約1週間。

スポンサーサイト
【2012/10/10 12:03】 | 食学 | トラックバック(0) | コメント(0)
ショウガの選び方
《食学》

生姜の選び方
◇重みのあるもの。
◇堅く締まっているもの。
◇皮がよく乾いているもの。
◇節目が等間隔で、かつ間延びしていないもの。
◇切り口が黄色いもの。


※切り口が黄色いほど、香りがよく辛味が強い。
※節目は成長輪なので、ゆっくり順調に育ったものがよい。

【2012/09/20 11:51】 | 食学 | トラックバック(0) | コメント(0)
キムチは熱するとよりおいしい
《食学》

日本では、キムチは冷やして食べることが多いが、
キムチは、熱を加えると、よりおいしくなる

加熱料理にキムチを加える時のポイントは、料理の最後にキムチを加えるのではなく、最初に熱を加えること。
長く熱するほど、アミノ酸と糖が結びつき、旨味成分が作られるという。

【2012/05/20 21:10】 | 食学 | トラックバック(0) | コメント(0)
イチゴを新鮮な状態に戻す方法
《食学》

イチゴは傷みやすく、1日おいただけでも古びた感じがしてしまう。
見るからに新鮮さをなくしたイチゴを、採れたての様にリフレッシュする方法がある。

収穫後、時間がたったイチゴをリフレッシュする方法
イチゴを50度ほどの湯の中に、約2分間つけておく。

→ これだけで、イチゴを新鮮な状態に戻すことが出来る。

※あまり長い時間つけ過ぎると、茹でイチゴになってしまう。

―――

ちなみにイチゴは追熟しないので、採れたてが一番甘くておいしいという。

【2012/04/10 21:02】 | 食学 | トラックバック(0) | コメント(0)
ヨーグルトは食後に
《食学》

ヨーグルトを食べるなら食後がよい。

ヨーグルトが健康食として好まれている理由は、ヨーグルトの乳酸菌が腸内細菌として腸の中に棲息して人間の身体によい働きをしてくれることによる。

しかしヨーグルトは酸に弱いので、腹ペコの状態(つまり胃の中に何も入っていない状態)で胃の中に入ると、胃酸により減少してしまい、小腸や大腸に行く前になくなってしまうことも…。

そのため、ヨーグルトを食べる前には他の食物を胃の中に入れておくのがよい方法。
つまりヨーグルトは食後に食べるのがよい。



【2011/12/07 20:30】 | 食学 | トラックバック(0) | コメント(0)
next→
Memopy … メモピー


なんでもメモする雑学メモ

ブログ内検索

メモピー[Memopy]  

メモピー[Memopy]の一覧表

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

一休み

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

熱帯魚の時計

Web page translation

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。