FC2ブログ
食用のキク
《食学》

キクは、古くから食用として利用されてきた。
基本的な料理法は、塩や酢を加えた熱湯でサッと茹でて、酢の物やおひたしにする。

◇食用にするキクの品種は、新潟県の「柿本」(カキモト)、青森県の「阿房宮」(アボウキュウ)、山形県の「延命薬」(エンメイヤク)、「高砂」(タカサゴ)などが代表的品種。

※観賞用として栽培されていたキクを品種改良により苦味をなくして食べやすくしたものが食用ギクである。
 → 料理ギクとも呼ばれる。

♪観賞用のキクは、アクが強くて食用にはならないとのこと。
♪栄養価はそれほど高くないが、解毒作用や血圧を下げる作用がある。

 
スポンサーサイト



【2008/07/03 21:50】 | 食学 | トラックバック(0) | コメント(0)
Memopy … メモピー


なんでもメモする雑学メモ

ブログ内検索

メモピー[Memopy]  

メモピー[Memopy]の一覧表

カテゴリー

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

一休み

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

熱帯魚の時計

Web page translation

RSSフィード