FC2ブログ
バンソウコウをやさしくはがす方法
《雑学》

バンソウコウをはがす時は、痛みを感じるので、不快感を感じる人が多い。
しかし、バンソウコウをやさしくはがす方法がある。

バンソウコウをやさしくはがす方法
バンソウコウの上からベビーオイルを塗る。

ベビーオイルを綿棒などに染み込ませてから塗ると、簡単に適量を塗ることが出来る。

※油分がバンソウコウを浸透していき、粘着力をうばい、汚れも落としてくれる。

スポンサーサイト



【2009/03/30 21:00】 | 雑学 | トラックバック(0) | コメント(0)
使い捨てカイロを複数回に分けて使う
《雑学》

冬にお世話になる使い捨てカイロは、持続時間が異なる。
いつまでも長く長く使えるのが理想であるが、実際には24時間も使用し続けるシチュエーションはあまりない。

それを考えてか、使い捨てカイロも種類により12時間から20時間?と、色々あるらしい。
用途により適した持続時間のものを購入してもよさそうであるが、結局は安いものを購入するケースが多いかもしれない。

そして用が済むと、まだ温かいのに捨ててしまうことも多い。
安いからあまり気にならないが、やはりエコの観点からももったいない。

そんな時、一時中断して後日また使用できれば最後まで使うようになるのではないか。
ひと手間かければ複数回に分けて使用することが可能である。

使い捨てカイロを複数回に分けて使う方法
保温を中断する時に、密閉する。
♪空気を抜いて真空状態にすれば、なお良い。

⇒ カイロが温かくなるメカニズムは、鉄が酸化する時に出す「酸化熱」を利用したもの。
  酸化するためには酸素が必要となる。
  酸素は空気中に含まれているので、空気と遮断すれば酸化しなくなる。

【2009/03/26 22:51】 | 雑学 | トラックバック(0) | コメント(0)
新人類企業家の特徴は「ジジイキラー」
《名言》

『エェブ国産力』(アスキー新書)佐々木俊尚(ささき としなお)著より。

新人類企業家とは、孫正義と西和彦のこと。
「なるほど、そうなのか」と思うと同時に、これを読んで気分を害する人がいるだろうなと想像する。

日本人でこんなにはっきりズバズバ書けるジャーナリストってすごいかも。

※孫正義は、ソフトバンクの創業者。
※西和彦は、アスキーの創業者。


【2009/03/25 22:50】 | 名言 | トラックバック(0) | コメント(0)
「官」ビジネスに群がるコバンザメ
《名言》

『エェブ国産力』(アスキー新書)佐々木俊尚(ささき としなお)著より。

コバンザメとは、官製ビジネスにぶら下がって生きている企業・個人のことを言っている。

著者はITに強いジャーナリストであるので、IT業界のことに関しての言及であるが、すべての業界に通じるものがあると想像される。

以下は『エェブ国産力』の文中より抜粋。
IT業界には「官製ビジネス」と呼べる大きな市場があり、最も大きなコバンザメは大手企業。
コバンザメは税金を呑み込み、さんざんに食い荒らして、たいした結果も出さずに事業は終了する。
「下りてきた」という言葉通り、上に向かって口を開けていれば、税金がどんどん流れ込んでくる。
それをぱくりと呑み込み、すっからかんになるまで消化してしまって、後には何も残らないのだ。

【2009/03/24 22:49】 | 名言 | トラックバック(0) | コメント(0)
日本の携帯の世界は「秘密の花園」
《名言》

『エェブ国産力』(アスキー新書)佐々木俊尚(ささき としなお)著より。

▽「秘密の花園」の意味すること
日本の携帯は、独自のCHTML言語で書かれた専用サイトを普及させる形で進化してきた。
このため携帯とパソコンは、それぞれの道を歩み続け、将来も両者の溝はますます深まっていくと考えられる。

※個人情報保護法により企業の情報管理が厳しくなった事も携帯の発展に寄与した。
 会社のパソコンは仕事用・プライベートは携帯、という使い分けスタイルが定着した。

※アメリカでは、インターネットにアクセス出来る携帯機器が主流で、パソコンと同様にパソコンの様のウェブを閲覧出来る。
 ⇒ ブラックベリー、パーム・トレオ、サイドキックなど。

――
著者は、将来にわたって携帯とパソコンの棲み分けと溝はますます深まっていくと考えている。
しかしアップルのiPhoneも日本にも上陸し、次いでグーグルフォンが発売された。
将来はパソコンの世界に一本化される可能性も高いのではないか。

※iPhoneは、携帯電話やポータブルメディアプレイヤー、PDAなどの機能が統合された携帯端末。
※グーグルフォンは、インターネット検索の大手グーグルが開発した携帯向け基本ソフトを搭載した携帯電話。

【2009/03/23 22:47】 | 名言 | トラックバック(0) | コメント(0)
ただより高いものはない
《名言》

「ただより高いものはない」とは、古くから言い伝えられている名格言である。
同様に経済学では「無料のランチはない」と言うらしい。

※ジャン・ノエル・ジャンヌネー著の「Googleとの闘い」より。
 著者によれば「市民とは常に支払いをする者」とのこと。
 ちなみに格言の「ただ」「無料」とは、書籍の中ではGoogleの検索エンジンのことをさしている。
 フランス国立図書館長など数々の要職を経験者した博学者であり、意味するところには深い深い意味がある。

【2009/03/22 21:51】 | 名言 | トラックバック(0) | コメント(0)
早口言葉 〔4〕
《息抜き》 ・・・ 早口言葉

東京特許許可局

とうきょう とっきょ きょかきょく


【2009/03/21 21:50】 | 息抜き | トラックバック(0) | コメント(0)
早口言葉 〔3〕
《息抜き》 ・・・ 早口言葉

A big black bug bled blue blood.

和訳 →「大きな黒い虫が青い血を出した。」

【2009/03/20 21:48】 | 息抜き | トラックバック(0) | コメント(0)
早口言葉 〔2〕
《息抜き》 ・・・ 早口言葉

石垣に竹立てかけた
たけがきに たけ たてかけた

【2009/03/19 21:47】 | 息抜き | トラックバック(0) | コメント(0)
十進法が発達した理由
《雑学》

十進法とは、日常生活で一番よく使われている計算方法であり、0から9まで10個の数字を使用して、10倍ごとに上の位に上げていくというお馴染みのもの。

十進法という計算方法が発達した理由は、人間の指が左右合わせて10本あったから。

※もしも8本しかなかったら、8進法が発達していたのかもしれない。
⇒『「退化」の進化学』(著者:犬塚則久)より

ちなみに、指の本数が1つの手で5本と決まったのは、4足動物の先祖が水から上陸した後のことだという。
少なくとも、十進法に便利だから両手合わせて10本になったのではないと考えられる。

【2009/03/18 21:30】 | 雑学 | トラックバック(0) | コメント(0)
お墓参りと水かけ
《雑学》

お墓まいりに行くと水をかける習慣があるが、お墓をきれいに洗っているのだと思っている人が多い。 しかし、本当は「ご先祖様へ水を捧げている」、つまり鉢植えの花に水を与えるように水をあげている。

これは仏教の教えからくることであるが、解釈などには諸説あるらしい。
死後にはいくつかの世界があり、そのうち餓鬼(がき)の世界に落ちた者は飢えと乾きに苦しみ続けるといわれている。
もしもご先祖様が餓鬼の世界に落ちてしまったら、かわいそうなので、せめてノドの渇きをいやしてあげようとしてお墓に水をかけている。

※よく雑巾でゴシゴシこすっている人を見かけるが、本当は間違いだそうです。
 でも、ついでに墓の汚れも落としてあげたいもの。
 お掃除だけでなく、水かけも行えば問題ないのでは、と思ったりもする。

【2009/03/17 21:00】 | 雑学 | トラックバック(0) | コメント(0)
「お疲れさま」と「ご苦労さま」
《マナー》

一般的に労をねぎらう言葉に「お疲れさま」と「ご苦労さま」がある。
会社によっては、帰りがけに社内で声をかける言葉として定着しているところもある。

どちらも同じような言葉であるが、使い方に大きな違いがある。

お疲れさま
相手が自分より目上の人にかける言葉。
※迷ったら「お疲れさま」と言うのが無難。

ご苦労さま
相手が自分より目下の人にかける言葉。
※元々は、目上の人が目下の人に対して、命令や業務を遂行した時のねぎらいの意味で使用した言葉。
※上司や父親などに大して「ご苦労さま」でしたなどとは言ってはいけない。

【2009/03/16 23:10】 | マナー | トラックバック(0) | コメント(0)
色鉛筆が六角形ではなく丸形である理由
《雑学》

ほとんどの鉛筆は六角形で出来ている。
これは力学的にも実験でも人間が一番にぎりやすいとされる形であると考えられていることによる。

※小さな子どもの手では六角形は疲れるので、小さな子ども向けの鉛筆には丸形のものも作られているという。
※お土産用の物などの用途で、丸形や三角形などの変わった形のものも作られたりする。

――
しかし色鉛筆は、大人が使用するものでも丸形のものが作られている。
それには2つの理由がある。

◇色鉛筆は、鉛筆とは異なり「軽く握って使うことが多い」ために、丸形の方が使いやすい。
◇色鉛筆の芯は柔らかいので、鉛筆芯よりも太くなっている。
 芯が太いのに六角形にすると、木質の部分が少なくなり、強度が弱くなってしまう。
 → 強度が弱くなると、折れやすくなる。

【2009/03/15 23:40】 | 雑学 | トラックバック(0) | コメント(0)
アンティークと中古品の違い
《雑学》

アンティークというと何かとても高貴な物のように思えてしまうが、要するに古いもの…ということは、中古品と同じではないかと考えられるが、中古品という響きには高貴な面影など全くない。
アンティークと中古品の違いは何だろうと、疑問に思う人も多いが、アメリカの関税法ではっきりと決められている。

アンティークとは
イギリス産業革命(1840年~)以前に製作された美術品や手工芸品のことをアンティークと呼ぶ。 また、それ以後に作られたものはジャンク(がらくた)と呼ぶ。
合衆国通商関税法(1930年に制定)による。

※産業革命以後の量産が可能なものと区別している。

しかし、アンティークではなくても高貴なものとして扱われるものもある。
たとえジャンクと呼ばれていても大切に扱われているものもある。
個人の思い入れの違いともいえる。

【2009/03/14 23:30】 | 雑学 | トラックバック(0) | コメント(0)
干したふとんはたたかない
《雑学…家事》

干したふとんを取り込む時の慣例として、ふとんたたきでパタパタ叩く光景がよく見られるが、これには様々な意見がある。
干す前に叩かなくては効果がないという説もあるが、干す前も後も叩いてはいけないという説もある。

その根拠は、「ふとんを叩くと、中に入っている綿の繊維が細かくくだかれ傷んでしまう」ため。
すると、ふとんの弾力性が失われて固くなってしまうという。

また、アパートやマンションのベランダなどでパタパタとホコリを出したりしたら、周囲にホコリを撒き散らすことになり、はっきり言ってはた迷惑。

チリやホコリを取り除くのであれば、掃除機で吸引したり、表面をタオルをふいた方がよい。

【2009/03/13 21:30】 | 雑学…家事 | トラックバック(0) | コメント(0)
三種の神器
《雑学》
サンシュノジンギ

三種の神器とは、天皇が代々継承している三種の宝物のこと。
そこから、3つの貴重なものを『三種の神器』と呼ぶ慣わしができた。

一番有名なのは、昭和30年代の『家電・三種の神器』で「テレビ・洗濯機・冷蔵庫」のことを意味した。

時代が変わり、昭和40年代になると神器の内容も変わり「カラーテレビ・クーラー・車」が『新・三種の神器』となった。

そして現在は平成15年頃から、「デジカメ・DVDレコーダー・薄型テレビ」が『家電・新三種の神器』となっている。

【2009/03/12 21:47】 | 雑学 | トラックバック(0) | コメント(0)
西洋人の視野は狭い
《雑学》

視野とは、顔を正面に向けて眼球を動かさずに眼に映る範囲のことをいう。

日本人などの東洋人と、ヨーロッパ系のいわゆる西洋人の視野を比較すると、「片目の視野は西洋人の方が狭い」ことがわかっている。

その理由は、花の高さの違いによるもの。
西洋人は鼻が高く、また眼球の位置が低い人も多いために、一般的に鼻が視界の邪魔をして視野が狭くなるという。

※ただし両眼の場合は、それほど差がなくなるという。
※一般的な視野は、
 眼の外側が100度で内側が60度。
 眼の上が50度で下が70度。

【2009/03/11 21:52】 | 雑学 | トラックバック(0) | コメント(0)
お椀のフタが取れなくなったら
《雑学》

吸い物などのお椀(おわん)にフタがついている時、フタが取れなくなることがある。

その原理は、
1) お椀に熱い汁物を注いでフタをして密閉すると、中で水蒸気が充満する
2) やがて温度が下がり水滴となり、おわんの中が真空状態になる
3) フタに大気圧がかかり、フタが取れにくくなる
というもの。

取れにくくなったお椀のフタを取る方法
お椀を上から手でつかんで力を入れ、両端を押し付ける。

→ 丸いお椀が若干楕円形になることにより、フタとのすき間から空気が入り、簡単に取ることが出来る。


【2009/03/10 23:00】 | 雑学 | トラックバック(0) | コメント(0)
ガラス磨きは曇りの日に
《雑学…家事》

ガラス磨きは、曇りの日に行うとよいとされる。

これには、2つの理由がある。

1)ガラスについた汚れは、空気が乾燥していると落ちにくい為。
→ 晴れの日は避けた方が良いということ。
※雨の日の方がよいような気がするが、外側のガラス窓の作業などが困難なことが予想される。
 (室内にあるガラスなら雨の日がよいといえる。)

2)晴れの日は、光の反射で汚れが見えにくくなる。
→ ふき終わっても、後から汚れが残っているのに気がついたりする。


【2009/03/09 22:30】 | 雑学…家事 | トラックバック(0) | コメント(0)
あじの干物の選び方
《食学》

見た目で判断する、おいしい「あじの干物」
丸い形のものは、脂がのっていておいしい。

※太っているアジは、身もあついし脂ものっているのでおいしい。
 太ったアジをさばいて開くと、丸い形になる。
 → 細長いのはダメということ。


【2009/03/08 22:14】 | 食学 | トラックバック(0) | コメント(0)
ニンニクを長期間保存する方法
《食学》

ニンニクを数年保存可能にする方法(例)
1) ニンニクの皮をむく。
2) 密閉容器の中に醤油を入れる。
3)ニンニクを醤油の中に入れてつける。


※醤油は、ニンニク醤油として中華などの味付けに使用出来る。

【2009/03/07 21:20】 | 食学 | トラックバック(0) | コメント(0)
おいしいベーコンの選び方
《食学》

ベーコンは脂身の多い方がおいしい。

※赤身よりも脂身の方が旨味成分を多く含んでいるため。
 カロリーを抑えたいと思って、ベーコンにかぎっては脂身の多いものを選ぶ方がよい。

【2009/03/06 22:50】 | 食学 | トラックバック(0) | コメント(0)
万能ネギの保存方法
《食学》

万能ネギの便利な保存方法
1) ネギを小口切りにする。
2) 小さなペットボトルに入れる。
3) 冷凍庫に入れる。


⇒ 使用する時は、ペットボトルを振ると、出てくる。
※約1ヵ月は保存出来る。

【2009/03/05 22:32】 | 食学 | トラックバック(0) | コメント(0)
冷蔵庫の節約利用
《雑学…家事》

冷蔵庫の電気代を少しでも安くする為の節約ポイント。

◇冷蔵庫内は、詰め込みすぎずに空間を作る。
  → 冷気の循環がスムーズにいき、効率的に冷やす事が出来る。

◇冷凍庫内は、すき間がないようにギッシリ詰める。
  → 冷凍保存されているもの同士がお互いに冷やし合うので効率的になる。
  ※ 保存するものが少ない時は、保冷剤などを入れてすき間を詰めるようにする。

◇ドアを開ける回数を少なく、開けたら短時間で閉めるようにする。
  → 中の温度が高くなり、冷やすのに電気を使う。
  ※ 特に夏は、上がった温度を冷やすのに時間がかかる為、食品の傷みの原因ともなる。

◇節電効果の高い冷蔵庫を購入する。
  → 最近の冷蔵庫は節電効果が高いが、特に高いものは値段も高い。
    しかし初期費用の高さと通年の電気代を比較してから選ぶ。

※開けた時に冷気が逃げない様に、ビニールのカバーをかける事を推奨する人もいる。
 (ビニールを内ドアにする要領で取り付ける。)
 しかし、そこまでやることに抵抗を感じる人も多いかと…。

【2009/03/04 22:30】 | 雑学…家事 | トラックバック(0) | コメント(0)
青ジソ(大葉)の保存方法
《食学》

シソ科シソ属のシソ(紫蘇)には、多くの品種があるが、葉・茎ともに緑色のシソをアオジソ(青紫蘇)と呼んでいる。

アオジソの葉と実は香りがよいので食用とされている。
そして、食用のアオジソは「大葉」(おおば)と呼ばれている。


青ジソ(オオバ)を新鮮に長持ちさせる方法
1) 空きビンをきれいに洗う。
2) ビンに1cm~2cmほど水を入れる。
3) 青ジソの茎を下にしてビンに入れる。
4) ビンのフタをして密閉する。
5) 冷蔵庫の中に入れて保存する。


☆2~3週間以上、新鮮なまま保存可能。

注意1) 1週間に1度は水を取替えるようにする。
注意2) 葉には触らないようにする。

※葉裏に、香りの元となる組織が多い。

-------------------
※植物の栽培と同じように、シソの葉に水分を吸収させるようにする。
 ビンを密閉することで、葉から水分を蒸発することを防ぐことが出来る。

※市販の密閉容器なら完璧であるが、
 インスタントコーヒーのビンなども密封度が高い。

※切口である柄(葉柄)の部分を水の中で少し切ると、水あげがよくなる。
 → 活け花の水切り。
-------------------

【2009/03/03 21:50】 | 食学 | トラックバック(0) | コメント(0)
他人に親切にする簡単な方法
《雑学》

他人に親切にするには、どうしたらよいか?
親切にするのが苦手な人にとっては難しい永遠の課題ともいえる。

しかし、簡単な方法があると教えてくれた先生がいる。
「手を温めると、人は優しくなる」

本当にこんな事で優しくなれるものなら、ぜひ試してみたい…。
というか、(本音は)自分に対して試して欲しい。

--
手が冷たいという症状は、俗に末端冷え性とも言われているが、昔から女性に多い現象である。
男性の方が身体の血のめぐりが良い為に、手の暖かい人が多いと思われていた。
ということは、男性は親切な人が多くて女性はみな冷たい人だったのか…。

でも、最近は男性でも末端冷え性の人が多くなっている様な気がする。
よって、昔より冷たい人が多くなったのかもしれない。
(根拠の薄い独り言)

※2009年2月28日放送の「世界一受けたい授業」(日本テレビ)
 茂木健一郎先生の授業から。
 (ソニーコンピュータ サイエンス研究所 シニアリサーチャー)

【2009/03/02 21:36】 | 雑学 | トラックバック(0) | コメント(0)
菱餅(ひしもち)とは
《語源・由来》

3月3日のひな祭りにお供えする菱形の餅のことを菱餅という。
一般的な菱餅は、上から「赤」・「白」・「緑」の3色で、菱形に切られている。

菱餅は「春の訪れ」を表現したもので、色にはそれぞれ春を表す意味がある。
赤 → 花を表す
白 → 雪を表す
緑 → 新芽を表す


つまり、白い雪の下から緑の新芽が芽吹き、赤い花を咲かせるという春の風景を表現したもの。

【2009/03/01 21:25】 | 語源・由来 | トラックバック(0) | コメント(0)
Memopy … メモピー


なんでもメモする雑学メモ

ブログ内検索

メモピー[Memopy]  

メモピー[Memopy]の一覧表

カテゴリー

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

一休み

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

熱帯魚の時計

Web page translation

RSSフィード