スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
芭蕉の句に登場するセミの種類は?
《雑学》

「閑けさや岩にしみいる蝉の声」
とは、松尾芭蕉の有名な句であるが、その蝉の種類は何かと気になる人も多い。

古くから、あの蝉の声はなんという蝉なのか?と研究する人もいた。
そして現在の結論は『ニイニイゼミ』という説が有力となっている。

この説は文芸評論家の小宮豊隆(コミヤトヨタカ)氏によるもの。
アブラゼミ説であった歌人の斉藤茂吉(サイトウモキチ)氏は、ニイニイゼミ説を覆そうと、何度も立石寺に足を運んだが、結局『ニイニイゼミ』説を受け入れる事になったという。

――
松尾芭蕉は、有名な「奥の細道」の旅の途中で山形県の立石寺(リッシャクジ)を訪れ、かの有名な句を詠んだとされる。
1689年7月13日といわれている。
(当時の暦では5月27日。)

スポンサーサイト
【2009/09/14 21:00】 | 雑学 | トラックバック(0) | コメント(0)
Memopy … メモピー


なんでもメモする雑学メモ

ブログ内検索

メモピー[Memopy]  

メモピー[Memopy]の一覧表

カテゴリー

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

一休み

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

熱帯魚の時計

Web page translation

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。