FC2ブログ
寿司屋の湯飲みが大きい理由は?
《雑学》

寿司屋の湯飲みは、特大に大きい。
なぜ、あんなに大きくなったかというと、寿司屋のルーツにさかのぼる。

元来の寿司は、保存食として考えられたものなので、押し寿司とか蒸しずしなどが本来の寿司であった。
それが江戸時代になり、現代の握り寿司の形が生まれるが、早だし・早食いで値段も安い屋台店の軽食であった。
通常、店主が一人で切り盛りしていたので、忙しい時にお茶のおかわりを出す手間を省く為に、湯飲みを大きくしたという。

その習慣が受け継がれ、高級な寿司店でも大きな湯飲みで出している。

スポンサーサイト



【2008/07/12 21:00】 | 雑学 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<アナログ時計の目盛が12時間である理由 | ホーム | ハサミの切れ味を回復する>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memopy.blog43.fc2.com/tb.php/54-7092dd98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Memopy … メモピー


なんでもメモする雑学メモ

ブログ内検索

メモピー[Memopy]  

メモピー[Memopy]の一覧表

カテゴリー

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

一休み

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

熱帯魚の時計

Web page translation

RSSフィード