FC2ブログ
茶の種類
《食学》

茶には、煎茶・番茶・焙じ茶・玉露・抹茶などがある。

煎茶(せんちゃ)
露地栽培の新芽を摘み取り、蒸気で蒸し、もんで細かくしながら乾燥させたもの。
→ 日本茶の中でも、ビタミンCが最も豊富に含まれている。

番茶(ばんちゃ)
若芽を摘んだ後に伸びた葉や茎を使用する。
蒸した後、または煮た後に発酵させて、天日で乾燥させる。
→ 煎茶よりもカフェインが少ない。

焙じ茶(ほうじちゃ)
煎茶の下級品を強火で焙(ホウ)じたもの。
→ タンニン、カフェインは、緑茶の中で最も少ない。
※元々は、煎茶の下級品は香りが悪いので、焙じて焙ばしくしたのが始まりであったといわれる。

玉露(ぎょくろ)
若芽を摘んで蒸した後に、もんで乾燥させたもの。

抹茶(まっちゃ)
若芽を摘んで蒸した後に、もまずに乾燥させたものから、硬い葉脈と葉柄を除いて粉にしたもの。

スポンサーサイト



【2008/08/25 20:34】 | 食学 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<お茶の効能「食後のお茶」 | ホーム | 桃尻に柿頭>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://memopy.blog43.fc2.com/tb.php/98-dd6ccb18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Memopy … メモピー


なんでもメモする雑学メモ

ブログ内検索

メモピー[Memopy]  

メモピー[Memopy]の一覧表

カテゴリー

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

一休み

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

熱帯魚の時計

Web page translation

RSSフィード